2020年03月30日

コロナ対策 ・ 人工呼吸器増産

今日、政府が正式にメーカーに対して人工呼吸器増産を要請しました。
今後数週間以内に来るであろう状況に備え、着々と事前準備が進んでます。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200330-00434773-fnn-bus_all

コロナのパンデミックの中で、奇跡的に日本だけがオーバーシュートのタイミングが遅れました。
冬季中、ほとんどの人が日常的にマスク着用する国は日本だけですし、こと衛生面においては先進国でも特別進んだ国であることが、他国の例から学ぶ機会を与えたと思います。
マスクが不足している現状でも、道行く人は誰もがマスクを着用してますので、既に行きわたってます。

オーバーシュートのタイミングが遅れたことで、他国の例、すなわち結果からさかのぼって戦略を立てることができます。

医療崩壊を防ぐために、コロナの相談センターでは軽症者は厳しいほどに受け付けません。
相談センターに電話すればわかりますが、4日ルールと症状が出ていない限り、まず受け付けてくれません。
全感染中の重篤化する確率や年齢的致死率、重症者に対する可能な医療措置、既にわかってますから、窓口を厳しく・狭くすることで医療崩壊を防げます。
軽症者もすべて受け付けたところで、薬もないわけで治療は出来ませんから、冷たい対応ですが窓口で選別してきたことは正解です。

次に重症者が増加することは既にわかっていて、その際には人工呼吸器が必要となることもわかってます。
他国の例、重篤化する確率から人工呼吸器の現備蓄数と今後必要となる数もわかってます。
重症化率が悪いイタリア・スペインの例を基にしても、あと4倍、数万台確保すれば対応可能です。

人工呼吸器は構造的に難しい機器ではないでしょうし、既に販売されている、すなわちどこかのメーカーが設計図を持っている機器です。
その設計図通りにつくるだけですから、世界に誇る日本の医療機器メーカーをはじめ、その他精密機器メーカーが総力を上げて製造すれば、重篤者増加に対する時間軸に対し、数万台確保は既に目途が立っているはずです。

世界に誇る日本の頭脳、衛生管理、統制、秩序、様々な要素が結集して出来ているとはいえ、ことコロナに対する政府の対応は素晴らしいものだと敬服します。

がんばってほしい!
posted by E-ya at 15:04| Comment(0) | 日記

2020年03月29日

コロナ危機について思うこと

コロナウィルスの危機について思うことは、これまで日本政府が取ってきた・取っているコロナ対策の戦略は、各国で起こっている状況・情報をきちんと分析した上で取られている、とても優れた対応だと私は思います。

政治は様々な意見が混合してしまうため、なかなか方向性が定まらず曖昧な答えになってしまいがちですが、即断の求められる現状では一強の政治に利点があると思います。

短期:医療崩壊を食い止める ⇒ オーバーシュートをブロックする ⇒ 軽症者は医療措置対象とせず中・重症者にフォーカス
・相談センターで症状が悪化するまでは病院に行かないように対応。4日ルール。PCR検査が増加しない理由
・経済対策:直近の生活困窮者、中小零細企業への救済措置

短中期:中・重症者を救う ⇒ 人工呼吸器の備蓄増 ⇒ 現保有数の4倍備蓄 ⇒ 緊急増産
 ・経済対策:観光・イベント・飲食業等、自粛措置で経営危機にある業種の救済措置

中・長期:治療薬・ワクチン開発 ⇒ 早期(半年程度)での緊急開発 ⇒ 世界での開発加速
 ・経済対策:超金融緩和。民間金融機関への資金提供によるマクロでの救済措置

日本だけがコロナに対して特別だと考える専門家は少ないでしょうし、であれば近いうちに欧米同様の感染拡大が起こる可能性は大きいことを前提として考えれば、欧米で起こっている事態を基に、全体を緩和する対処法に正解があるように思います。

日本人は世界で最も秩序を重んじる、本当に稀有な存在です。
ここはリーダーに従い、これまで通り秩序を保つことだと思います。
posted by E-ya at 19:24| Comment(0) | 日記

2020年03月28日

新型コロナ最新情報。

新型コロナウィルスに対する町の最新情報をリンクします!
https://www.town.hayama.lg.jp/soshiki/seisaku/osirase/10225.html
posted by E-ya at 07:56| Comment(0) | 日記