2021年04月19日

2021年2月定例会(第1回定例会)活動報告 A葉山町地域公共交通会議 〜@イントロダクション〜

2021年2月定例会報告の2項目目は「葉山の交通」についてです。

本題に入る前に、なぜ私が葉山に住んだのか、などについてお話ししたいと思います。
議会の報告だけじゃつまらないでしょうから。

さて、、、
『葉山』という地名を知らない人は、少なくとも関東にはほとんどいない!と言えるほど、葉山は有名です。
関東だけでなく、日本国民であれば地名は知っているのではないでしょうか。
なぜ有名なのかは調べたことがないのでわかりませんが、「葉山に住んでいる」と言うと「良いところにお住いですね!」と言われるので、傍から見れば「あこがれ」「暮らしやすい」場所なのでしょう。

そんな誰もが住みたい場所「葉山」ですが、意外と知られていないのは「葉山には駅がない」ことです。
地名としての葉山はあまりにも有名ですので、だいたい誰でも「葉山駅」が存在すると思いこんでいるみたいです。

つまり「あこがれ」る場所の点では事実その通りですが、「暮らしやすい」の点では交通に難点があるため、そうでもない、と思います。

便利じゃないところが葉山の良いところだ!との声をよく聞きますが、、、「ほんとか???」と私は疑問に感じます。
不便と便利だったら、便利な方がいいですよね!、普通。

この意見、、、正確に言うと、
『便利になる=葉山らしくなくなる』
、といいたいのでしょう。

であれば、便利にもなって、葉山らしさも失わなければ良いのです。
私はそれが葉山の将来の発展には必要不可欠な、最も重要な要素だと確信してます!

さてさて、私は湘南地域の育ちで、子供の頃からサーフィンや釣りでほとんど週末は湘南の海にいましたから、湘南の海辺の街のことは隅々まで熟知しているつもりでした。
ぜんぜんそんなことはないわけですが。。。
実際暮らしてみない限り、だいたいわかるくらいで、「良く知ってる」なんてことはない!ですね。

20年くらい前に葉山の海辺に偶然見つけた土地を購入してから葉山住民になりましたが、最初から葉山で暮らしたいと思って土地を探していたわけではありません。
当時は吉祥寺周辺のマンションに住んでいて、週末になるとサーフィンをしに実家に戻っていましたが、金融マンだったので忙しくて、週末ごとに帰るのは疲れてしまうので、また海のそばで暮らそうと決めました。

それで、湘南の土地探しを始めて、葉山から茅ヶ崎までの海辺の物件を探しまわってました。
その中、たまたま裏の情報で知ったのが葉山の今住んでる場所でした。
葉山だけを狙っていたわけではなく、むしろ葉山はほとんど狙ってませんでした。
それでもあまりにも私の要望にパーフェクトな場所で、寡黙な父が「買いなさい!」と言ったのが決め手でした。
要望と言っても、「海の近く」と言うだけでしたが。。。
まぁ、、、当時は場所の良さとか、あまり理解してませんでした。

今、暮らしている場所は、
・海まで徒歩1分
・海見え
・葉山のど真ん中(元町商店会の真ん中)
・スーパー、ドラッグストア、郵便局、銀行、飲食店等、ほぼ隣り

広い湘南でも、これ以上の場所はない!と不動産屋も言いそうな立地です。
でも購入した時は、葉山のことは詳しく知らなかったので、別に狙って探したわけでもなく、、、ホントたまたまです。
裏の情報、いわゆる元受不動産だけが情報入手したばかりの非公開物件で、私にしか紹介してなかったからこそ手に入った物件です。
他の人にも紹介していたら、場所が場所なだけに、誰でも即決してると思います。

まぁ、そんな場所に運よく購入できたわけです。
辛抱強く待ってると良い物件に巡り合えるものですから、これから物件購入を考えている方は、「粘り強く待て!」とお伝えします。

実際に暮らし始めてみて、、、
当時は東京ど真ん中まで電車で通勤していたのですが、JR逗子駅まではバスではなく原チャリで行っていたので、駅がないことに特段の不便さも感じてませんでした。
原チャリで家から駅まで7分くらい。

原チャリで駅まで7分と言うのは、通勤的には駅から徒歩7分と同じことです。
駅までバスで通っていたら、バスの待ち時間など入れて20分以上みないとダメでしょうし、雨の時は駅前が車で混むので、30分くらいかかってしまいます。
駅までバス通勤だったら、、、う〜ん、、、たぶん気持ちが持たなかったでしょうねぇ。。。

いずれにしても、原チャリだったので、当時は駅がある・ないで何にも感じませんでした。
posted by E-ya at 07:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: