2020年04月14日

コロナ関連 〜葉山町の対応状況等〜

現時点での各種対応状況等についてまとめます。

・鎌倉保健所管内の患者発生数:32件(4月11日まで)
10日以降に急激に増加してますので、非常事態宣言が発令されてから2週間くらいまでは増加傾向になるものと思われます。
患者の年齢は20〜50歳台がほとんどです。

・生活支援臨時給付金:国が支給を決めた30万円の給付金の支給は、町役場に専用の受付窓口が開設される予定で、支給は連休明けくらいになりそうです。

・町内飲食店の弁当販売:弁当販売には保健所許可が必要ですが、急を要するため、保健所の許可が早急に下りるよう町として対応してきました。今週中には弁当販売が可能となりそうです。
posted by E-ya at 10:27| Comment(0) | 日記

2020年04月13日

コロナ関連 〜神奈川ヘルスイノベーションパークに受け入れ施設開設〜

葉山町の湘南国際村センターに続き、藤沢市の武田製薬研究所を活用した「神奈川ヘルスイノベーションパーク」の敷地内に、中症コロナ患者の受け入れ施設を開設することになりました。

これまでに国際村センターとアパホテルで軽症患者の受け入れ施設が指定されており、合計2,400床の確保になるとのことです。
ただし、今回の神奈川ヘルスイノベーションパークは酸素投与が必要な中症程度の、医療行為が伴う施設となるとのことですので、医療行為を要する中症以上の病床数については正確な数字は把握してません。

これら軽症〜中症までを一括して考えた場合、東京都の人口が約1,400万人で必要病床数が約4,500床とすれば、神奈川県の人口が約900万人として約3,000床必要と考えると、当初から存在する医療施設の受け入れ可能床数と合算して約3,000床の確保は可能と推察されます。

したがって、神奈川モデルのコロナ対策は、しっかりと進んでいるものと思われます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57979220T10C20A4000000/
posted by E-ya at 21:05| Comment(0) | 日記

2020年04月10日

コロナ関連 〜緊急事態宣言に伴う町の対応〜

7日付で発令された緊急事態宣言に伴い、神奈川県実施の方針が示されました。
この方針を受け、葉山町においても現段階において以下の対応を取ることになりました。
(各対応については添付の資料を参照下さい)

・町内公共施設等の対応について
・庁舎内感染買う大防止策の取り組み
・公営駐車場棟の利用制限
キャプチャ.JPG

キャプチャ3.JPG

キャプチャ2.JPG
posted by E-ya at 17:29| Comment(0) | 日記